産後のコルセットについて

いまはやし整骨院の今林です(^^)

本日は産後に不調をきたしてお悩みの方にお伝えしたいことです!

産後のコルセットは必要なのか?

この質問非常に多いです!

結論から言うと必要です!!

ただし、コルセットの種類・巻く強さ・巻く位置・巻く時間帯などを正しくしないと、逆効果になることも有りますのでご注意ください!

コルセットが必要な理由

まず、コルセットを巻く理由ですが、出産する際に骨盤の「恥骨」が緩んで開いていきます。

これは赤ちゃんが産道を抜けて、体外に出やすいようにするためです。

この恥骨の緩みは出産が終わってもそのままの事が多いです。

なので、産後に骨盤がぐらつく方(正しくはぐらつくような気がするだけです)は固定しておく必要があります。

固定しておかないと、腰や股関節に負担がかかり、痛みが出てきてしまうからです。

産婦人科によっては「とこちゃんベルト」を処方してくれるところもあるみたいですが、「付け外しが面倒」と言う声を多数いただきます。

当院は「バリアスツイスト」というコルセットをおススメしております!

この「バリアスツイスト」の特徴は「普通のコルセットよりも細いので動きやすい」「力の弱い女性でもてこの原理で軽い力でも強く巻ける」「細いのでずれにくい」です。

巻く強さや巻く位置は文章や写真では伝えづらいので、興味のある方は一度ご相談ください!!

コルセットを巻く時間

次にコルセットを巻く時間ですが、お身体の状態次第です。

当院では、

  1. 一日中巻く(寝るとき以外)
  2. 午前中巻く(起きてからお昼ご飯まで)
  3. 午後巻く(14時からお風呂に入るまで)
  4. 家事をするときだけ巻く

この4パターンをお伝えして、「今日から次ご来院されるまでは②のパターンで」と言ったようにアドバイスさせてもらっています。

コルセットが一番効果を発揮することが出来るのが「産後骨盤矯正」を受けてもらった後です。

いまはやし整骨院の産後骨盤矯正は正しい位置に骨盤を戻し、インナーマッスルを鍛えるのでその状態をキープできるようにコルセットを巻いてもらいます。

そうすることにより、ご自身の身体が「この位置が正しい位置なんだ」と把握し、維持しようとしてくれるからです。

生活の中での動きが出産前と出産後で変わります。

特に産後は「前屈み」になる事が非常に増えます。

抱っこ、おむつ替え、片付け、掃除、赤ちゃんの爪切り、授乳など。

この前屈みが増えることにより、腰痛や股関節痛が悪化する方も少なくありません。

産後骨盤矯正を始めても、最初のうちは安定しないことが多いので、コルセットを付けて早く安定できるように心がけましょう(^^)

詳しく知りたい方は一度ご来院ください!

その際に今持たれているコルセットをお持ちください!

 

このブログ(ホームページ)を見てくれた方への特典

産後骨盤矯正(姿勢分析・カウンセリング・骨盤矯正・インナーマッスルトレーニング)

8,100円を初めての方に限り、2,580円で受けることが出来ます!!

所要時間は90分、予約制になっております。

お子様連れの方はその旨をお伝えください。